水木さん、あの世から飛んできた? 境港のロード新装 – 朝日新聞



 漫画家・故水木しげるさんの出身地の鳥取県境港市の観光地、水木しげるロード(全長約800メートル)が14日、新装オープンした。今月で開設から25周年。市道を蛇行させて全面的に一方通行にし、歩道は散策しやすいよう幅を広げた。夜間も水木作品「ゲゲゲの鬼太郎」などに登場する妖怪らの影絵が浮かび上がるなど大きく生まれ変わった。

 記念行事は、西日本を中心に襲った豪雨被害に配慮して一部を控えた。中村勝治市長や原口尚子・水木プロ社長らがテープカットをした後、鬼太郎などの着ぐるみや市民ら約400人が歩き初めの行進をした。

 水木さんの遺影を手に人力車で参加した妻武良布枝さん(86)は取材に「感無量でみなさんの熱意に感謝している。あの世から飛んできて喜んでいると思う」と感激した様子。気に入りましたかの問いに「オフコース」と笑顔で答えた。

 市によると、水木ロードは19…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら





コメントを残す