「国際的価値高い」 視察の審査員評価 /鳥取 – 毎日新聞



視察を終え記者会見したユネスコ世界ジオパークネットワークの審査員=兵庫県豊岡市城崎町で、高田房二郎撮影

 貴重な地形や地質を備えた自然公園「世界ジオパーク」に2010年に認定された山陰海岸(京都、兵庫、鳥取)を「ユネスコ世界ジオパークネットワーク」(GGN)の審査員2人が現地視察し、9日に兵庫県豊岡市で開かれた記者会見で「高い国際的価値があり、温かいおもてなしの心を感じた」と評価した。

 視察は世界ジオパーク再認定に向けた4年に1度の現地…



この記事は有料記事です。

残り253文字(全文421文字)




コメントを残す