石破茂氏「何も変わらぬ改憲してどうする」 安倍晋三首相と対決姿勢強める – 産経ニュース



 9月の自民党総裁選への立候補を表明した石破茂元幹事長は11日、鳥取県米子市で開いた国政報告会で「総裁選は参加することに意義があるのではない。次の時代のために何としても勝たねばならない」と訴え、党員票獲得に注力する考えを示した。

 また、安倍晋三首相が求める憲法9条への自衛隊明記を念頭に「(自衛隊の権限などが)何も変わらない改憲をしてどうする」と述べ、首相との対決姿勢を強めた。





コメントを残す