50人耳傾け 被爆・抑留の体験者招く 名張 /三重 – 毎日新聞



楯福太郎さんらの戦争体験を聞く参加者ら=三重県名張市南町の名張産業振興センターアスピアで、衛藤達生撮影

 反戦イベント「戦争はいや!平和のつどい」(実行委主催)が11日、名張市南町の名張産業振興センターアスピアであり、約50人が被爆者らが語る戦争体験に耳を傾けた。

 原爆が投下された長崎市内で被爆した山口詔利さん(73)=鳥羽市=は当時、生後10カ月だったため、親族から伝え聞いた話とした上で、「庭にいた祖母と2歳年上の兄が被爆…



この記事は有料記事です。

残り243文字(全文405文字)




コメントを残す