元町課長に実刑 地裁判決 /鳥取 – 毎日新聞



 大山町の公金詐取など3件で詐欺罪などに問われた元町観光商工課長、福留弘明被告(61)に対し、鳥取地裁は15日、懲役2年(求刑・懲役3年6月)の実刑判決を言い渡した。荒木未佳裁判長は「公務員としての地位や信頼を利用し、計画的で悪質な犯行」と述べた。

 判決によると、同課長などに在任中の2014年~17…



この記事は有料記事です。

残り153文字(全文303文字)




コメントを残す