韓国学生 浴衣で茶道 – 読売新聞



 ◇環境大 作法教わり交流

 韓国・清州チョンジュ大の2~4年生14人が16日、鳥取市若葉台北の公立鳥取環境大を訪れ、茶道を体験して同大学の学生と交流した。

 相互交流協定を結んでいる両大学は、2007年度から学生交流プログラムを実施。毎年、学生が双方の学校を訪問して両国の文化を体験するなどしている。

 この日、清州大の学生たちは、環境大学生センター内で浴衣に着替え、和室の畳の上に正座。環境大の茶道部員から、「茶わんを2度、回して」などと作法を教わりながら、抹茶を口に含んでいた。清州大4年の全慧淨ジョンヘゾンさん(22)は「正座で足がしびれた。かわいい浴衣を着て、日本文化を堪能できた」と笑顔で話していた。





コメントを残す