きらめく和傘の競演 /鳥取 – 毎日新聞



 霊峰の四季を表した和傘が暗闇で競演--。大山町の大山寺一帯で、色とりどりの和傘を内側から電球でライトアップし、夏の風情を幻想的に演出する「大山の大献灯」が始まった。9月までの計10日間、新緑や天の川、蛍などをイメージした計120本が来訪者を厳かに迎える。

 先祖の霊を慰め、観光客をもてなそうと、地元住民らが毎年開催…



この記事は有料記事です。

残り238文字(全文396文字)




コメントを残す