障害者就労支援/4止 一般企業志向も離職増 職場定着事業、採算合わず /鳥取 – 毎日新聞



 民間会社に義務づけられる障害者の雇用率(法定雇用率)が今年度引き上げられ、県内では、一部除外があるものの対象企業は71社増加した。鳥取労働局によると2017年度、県内のハローワークを通じて一般企業に就職した障害者は659人。15年連続で過去最高を更新した。ただ、この数字は“頭打ち”だという見方もある。

 県は今年度末までの目標に「障害者新規雇用1000人創出」を掲げている。企業見学の支援事業を予算化し…



この記事は有料記事です。

残り804文字(全文1006文字)




コメントを残す