顕微鏡をのぞき プランクトン観察 米子で中海環境フェア – 山陰中央新報



顕微鏡で中海の生態系を育む動物プランクトンを観察する小学生

 第17回中海環境フェアが18日、鳥取県米子市旗ケ崎の米子食品会館を主会場にあった。水質浄化や環境保護活動に取り組む官民23団体が趣向を凝らせたブースを設け、親子連れら約300人が楽しみながら自然を守る大切さを学んだ。

 NPO法人中海再生プロジェクト(内藤武夫理事長)が主催。今回は市の環境フェスタを巻き込んで企画し、内容を充実させた。

【詳しくは本紙紙面をご覧ください】





コメントを残す