みみちゃん杯GG大会 37組和気あいあい – 日本海新聞



2018年8月20日

 家族の絆を深める「第5回みみちゃん杯ファミリーグラウンドゴルフ大会」(日本海新聞東部青年会主催)が19日、鳥取市金沢のレーク大樹で開かれ、37組74人が変化に富んだコースで和気あいあいとプレーした。

 読者貢献活動の一環として企画した。子どもと保護者が2人一組で交互に打ち、全10ホールの合計打数を競った。ジャンプ台や障害物のカラーコーンが設置してあったり、使用するクラブをくじで野球バットやゴルフパターなどから選んだりする変わり種のコースもあり、ペアで声を掛け合って攻略した。

 グラウンドゴルフを初めてプレーしたという鳥取市緑ケ丘1丁目の田口凜さん(7)は「ロングコースで思い切り打つのが楽しかった。3打目で入った」と喜んでいた。

 プレー後には手投げホールインワンゲームやお菓子釣りのほか、移動編集車「日本海メディア号・みみちゃん」が参加ペアごとにプレーの様子を伝える記念号外を発行するなど大会を盛り上げた。

 同会の米谷新太郎会長は「家族で夏休みの思い出をつくれるようにこれからも続け、参加者と交流を深めたい」と話した。(今岡浩明)

 上位は次の皆さん。

 (1)横田昭男・優実31(2)梶尾秀俊・秀汰33(3)涌嶋勝美・大林李子36





コメントを残す