鳥取)1位は大阪の女性 げた飛ばし大会 境港市 – 朝日新聞社



 漫画家・故水木しげるさんの出身地・鳥取県境港市で19日、げたを飛ばして距離を競う「ゲゲゲの鬼太郎ゲタ飛ばし大会」が開かれた。県内外から1119人が参加し、幼児から親子までの6部門に分かれて鬼太郎と同じ黄色と黒色のちゃんちゃんこ姿で挑戦した。

 境港青年会議所の主催で、20回目の今年は水木しげるロードの開設25周年と新装オープンの記念大会。参加者は幅3~5メートルのレーンに立つと、助走して勢いをつけたり、足を後ろに大きく引いたりしてげたを飛ばした。真上や後ろ、レーンを外れて飛ばす人もいて周囲の笑いを誘っていた。

 今年の最長はレディースの部の26・43メートルで大阪府河内長野市の女性が記録した。初めての参加で6・27メートルの記録だった島根県出雲市湖陵町の小学1年春日志乃さん(7)は「もっと飛ぶかと思った。でも楽しかった」と笑顔だった。(杉山匡史)





コメントを残す