事前了解、協定締結を 知事、機構に「立地並み」要望 /鳥取 – 毎日新聞



 三朝町との県境に近い岡山県鏡野町の人形峠環境技術センターでウラン廃棄物を埋設する日本原子力研究開発機構の試験研究計画について13日、平井伸治知事は「環境保全協定を立地自治体のように結ぶ必要がある」と述べ、事前了解権を含む協定締結を求める考えを明らかにした。

 この日の定例記者会見で述べた。同センター…



この記事は有料記事です。

残り213文字(全文363文字)




コメントを残す