業界初! 敷板女子が樹脂敷板を広めたい!! 敷板師さき子がお届けする「敷板パーン!ブログ」を2018年8月27日(月)よりスタート – ValuePress! (プレスリリース)



この度、株式会社ダブルノット(所在地:鳥取県米子市角盤町、代表取締役:髙林 努)は、インターネット樹脂敷板(プラスチック敷板)販売サイト「敷板net」にて「敷板師さき子」がお届けする「敷板パーン!ブログ」を、2018年8月27日(月)より提供開始いたしました。このブログは樹脂敷板を広め多くの方に利用してもらうべく、樹脂敷板を全国の方に使って頂き、成功・失敗を含めて「敷いてみた!・敷きたい!・学んでみた!」を配信します。「敷板パーン!ブログ」で皆さんの困り事を解決し、樹脂敷板をPRすることで、樹脂敷板のシェア拡大を目指します。■敷板師さき子がお届けする「敷板パーン!ブログ」…
https://www.shikiita.net/shopbrand/sikiitapaaan_blog/

この度、株式会社ダブルノット(所在地:米子市角盤町、代表取締役:髙林努)は、インターネット販売サイト「敷板net」で敷板師さき子がお届けする「敷板パーン!ブログ」を、2018年8月27日(月)より提供開始いたしました。

■敷板師さき子がお届けする「敷板パーン!ブログ」

https://www.shikiita.net/shopbrand/sikiitapaaan_blog/

【背景】

「敷板」とは、工事現場で養生として使われている、敷鉄板(敷き鉄板)と言われるもの。弊社は敷鉄板の代わりとなる「樹脂敷板」をインターネットで販売しています。

敷鉄板のシェアは90%以上、樹脂敷板は10%もありません。工事現場業界の方でも樹脂敷板を知らない方が多くいます。知る方も、「使い方が分からない」「作業中壊れてしまうのでは」という理由から、樹脂敷板を利用しない方もいます。今、土木・建設業界、農業では「職人不足」「高齢化」が深刻な問題となっております。重機操作の必要な、重さ約500kgの敷鉄板は利用に人手も費用も必要となるうえ、運搬や作業中の危険が伴います。一方、樹脂敷板は40㎏と軽く人の手で作業ができるので、事故や怪我も軽減できます。1人でも持ち運ぶことができるので、1~2枚なら「使っていない保有地」「家庭菜園」「駐車場」など一般家庭でもさまざまに利用できる可能性があります。

そこで、

・土木・建設業界、農業界であまり知られていない「軽くて、人の手で作業できる」樹脂敷板を広めたい

・新規ニーズ(一般層)に向けて樹脂敷板を広めたい

の目的の下、樹脂敷板を広め多くの方に利用してもらうべく、全国の方に使って頂き、成功・失敗を含めて「敷いてみた!・敷きたい!・学んでみた!」をブログとして配信していきます。

今後、このブログで皆さんの困り事を解決し、樹脂敷板をPRすることで、樹脂敷板のシェア拡大を目指します。

【会社概要】

■株式会社ダブルノット

代表者:代表取締役 髙林 努

所在地:〒683-0812 鳥取県米子市角盤町1丁目27-6アルファビル3F

設立︓2017年11月

事業内容:コンサルティング事業/人材育成事業/有料職業紹介事業

URL:https://doubleknot.co.jp/

■製品製造メーカー

株式会社ウッドプラスチックテクノロジー

鳥取本社:〒682-0954 鳥取県倉吉市谷605番地33

URL:http://www.wpt.co.jp/

東大発ベンチャー企業「株式会社ウッドプラスチックテクノロジー」の製品「ウッドプラスチック製樹脂敷板」は木質バイオマスとプラスチックの複合材料です。プラスチックのみの製品とくらべ、柔軟性・強度があり、再利用できるなど環境にやさしい製品です。

【本件に関するお問い合わせ先】

株式会社ダブルノット

担当:尾﨑弘子(おさきひろこ)

Email:sikiita@doubleknot.co.jp

TEL:0859-36-8012





コメントを残す