町長、支店移転を容認 鳥銀頭取と会談 丁寧な対応要求 /鳥取 – 毎日新聞



支店移転について意見を交わした鳥取県日南町の増原聡町長(左)と平井耕司・鳥取銀行頭取=同町役場で、横井信洋撮影

 鳥取銀行の日南町にある生山支店を日野町の根雨支店に移転する計画に対し、日南町が町の預金全額約5億6000万円を解約した問題で増原聡町長は14日、町内預金者への丁寧な対応を要件に受け入れる方針を明らかにした。町役場を訪れた平井耕司頭取に伝えた。しかし町は解約した預金は元に戻さず、国民健康保険日南病院の指定金融機関を鳥銀から変更するかどうかも、来年1月の支店移転までの対応を見極めて判断するという。

 会談は非公開。移転計画の通知が発表前日の8月28日だったことに対し、平井頭取は「配慮が足りなかった…



この記事は有料記事です。

残り276文字(全文525文字)




コメントを残す