ヒノキヤグループ、「岡山展示場」をオープン 「アクティブガレージ」提案 – 新建ハウジング



 ヒノキヤグループ(東京都千代田区)のFC加盟店であるウッズカンパニー(鳥取県倉吉市)は10月13日、桧家住宅ブランドの展示場として岡山県で初めてとなる「岡山展示場」(岡山市南区)をオープンする。

 「岡山展示場」では、ガレージの本来の目的である愛車を守ることだけでなく、サーフボードやロードバイクを飾るなど趣味のスペースとしても楽しめるビルトインガレージ「アクティブガレージ」を提案する。

 また、プライバシーと開放感を両立した屋上庭園「青空リビング」や、使い勝手の良さとインテリア性を兼ね備えたシステムキッチン「ビヴァリオⅠ」など、同グループのオリジナルアイデアを搭載。新時代冷暖システム「Z空調」も実際に体感することができる。

 ウッズカンパニーは、鳥取県トップクラスの新築着工棟数の実績を持つホームビルダー。「岡山展示場」のオープンは、今年6月の「鳥取展示場」に続くもの。同社とヒノキヤグループは中国地方での広域展開を目指す。

「岡山展示場」外観イメージ

「アクティブガレージ」活用イメージ

住宅ビジネスに関する情報は「新建ハウジング」で。試読・購読の申し込みはこちら





コメントを残す