青少年読書感想文全国コンクール – 毎日新聞



手順などについて話し合う審査員ら=鳥取県倉吉市山根の県立倉吉体育文化会館で、有田浩子撮影

 第64回青少年読書感想文全国コンクール(全国学校図書館協議会、毎日新聞社主催、内閣府、文部科学省後援)の県第1次審査会が11日、倉吉市の県立倉吉体育文化会館であった。

 同コンクールには県内の小・中・高校計112校から3588点の応募があり、校内審査を通過した小学校低学年140点▽中学年166点▽高学年138点▽中学校76点▽高校30点の計550点が第1次審査会に提出された。

 この日は、県学校図書館協議会事業部長で審査副委員長の岩井眞保さん(逢坂小学校長)が学年ごとの入選作…



この記事は有料記事です。

残り380文字(全文619文字)




コメントを残す