参院選:合区 「山陰のため全力で」 自民党鳥取・島根県連 舞立氏候補に … – 毎日新聞



 自民党鳥取・島根両県連が12日、参院選の「鳥取・島根」選挙区(改選数1)で、現職の舞立昇治氏(43)を候補に決定したことを受けて、地元でも選挙に向け本格的な動きに入った。両県連は年内にも党本部へ公認申請する。【園部仁史】

 候補者調整を県連から一任された石破茂・県連会長と竹下亘・島根県連会長が同日午前、東京都内の衆議院の議員会館で会談。鳥取県連によると、合区が初めて導入された2016年の参院選では、島根から選挙区に候補者を出した経緯から「次は鳥取」という県連の意向がくまれたという。

 県連の安田優子幹事長は「妥当といえば妥当な結果で、ありがたく受け止めている」と述べた。決定後に石破…



この記事は有料記事です。

残り473文字(全文766文字)




コメントを残す