シューズ製造にロボ導入 アシックス、省力化図る – 産経ニュース



2018.10.15のニュース

ニュース


dly1810150012




 アシックスは15日、スニーカーなどを製造する鳥取県境港市の工場に、靴底と甲の部分を自動で貼り合わせることができる産業用ロボットを導入すると発表した。現在は手作業で行っている工程をロボットに任せることで、必要な人数を約半分に抑えられるという。

 ロボットは安川電機の製品で、接着剤の塗布や接着面の加工といった仕組みはアシックスが独自に開発した。2019年春から製造ラインに投入し、ファッション性を重視したブランド「オニツカタイガー」や革製のビジネスシューズの製造に活用する。

 アシックスは今回の導入で得られた知見を欧州での生産に役立てたい考え。スポーツシューズを大量生産する中国やベトナムなどの工場では別のロボットを導入する方向で研究を進めている。






コメントを残す