遠距離介護の「鳥取モデル」全国に NKCが支援組織 – 日本経済新聞



介護サービスのN.K.Cナーシングコアコーポレーション合同会社(NKC、鳥取県米子市)などは遠距離介護の支援組織を設立する。都会の住民の依頼を受け、鳥取県でサービスを提供する同社をモデルに、全国で遠距離介護の支援体制作りを目指す。看護師ら組織加入者のスキルを磨いて独自資格を与える制度を導入するほか、起業も支援し、遠距離介護のニーズに対応する。

都市部にいる地方出身者にとって親族の遠距離介護の負担…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。





コメントを残す