14機関が連携確認 日田市 /大分 – 毎日新聞



 南海トラフ地震が発生し、被害甚大--。日田市大山町の資材置き場で16日、大規模な災害救助連携訓練があった。日田署、日田消防署、自衛隊、行政など14機関約200人が参加し、相互連携の徹底と迅速・的確な対応を再確認した。

 2012、17年の九州北部豪雨や16年の熊本地震に見舞われた日田地区。そのたびに…



この記事は有料記事です。

残り199文字(全文349文字)




コメントを残す