10月28日は“おだしの日”!「おだしをもっと楽しもう」をテーマにしたイベントを大阪府豊中市にて開催 – アットプレス (プレスリリース)



大阪北摂地区で飲食店を50店舗展開する株式会社 太鼓亭(本社:大阪府箕面市、代表取締役社長:水上 泰輔)は、3回目となる10月28日「おだしの日」にあわせ、有馬温泉御所坊総料理長の“だしを使った特別料理の実演と試食会”をはじめ、大阪のうどん編集長とだし藏 煮出し師(だしマイスター)との“だし談義”、更におだしの日にあわせて開発した“新商品発表会”や“MYおだし(自分にあったオリジナルだし)作り体験”等「おだしをもっと楽しもう」をテーマとしたイベントを開催いたします。

おだしの日登録証授与式

■なぜ10月28日が「おだしの日」に決まったのか

関西だしに欠かせないものが、昆布と鰹節。この二つがなければ日本料理は成立しなかったはずですし、昆布と鰹の合わせだしができなければ、和食の旨いものもなかったと思われます。昆布は江戸時代に西廻り航路ができ、蝦夷地(北海道)より食の台所・大坂に運ばれたことで一気に広まりました。一方、現在の鰹節製法が確立されたのも関西で、江戸時代初期に印南浦(和歌山)で角屋甚太郎が鰹を煙で燻して水分を抜く燻乾法を見つけてからだといわれています。更に、二代目の甚太郎が枯れ節と呼ばれる最高級の鰹節を造る製法であるカビ付け法を発明しました。

くしくも10月28日は、南海トラフを震源とする宝永南海地震が起きた日。1707年10月28日(宝永4年10月4日)に発生した地震は津波を呼び、印南町でも多くの死者を数えたそうです。その中にたまたま故郷に帰っていた二代目角屋甚太郎がいたとの話しがあり、まさに皮肉なものだと思われます。

壊滅的被害を受けた印南町の人は、鰹節製造どころではなく、明日への希望すら失ってしまったそうです。大地震で仕事をなくしてしまった鰹節職人が、門外不出とされた鰹節製法を薩摩へ伝え、鹿児島が鰹節産地として名を挙げていきます。今では鹿児島が約7割の鰹節製造のシェアを占めるまでに発展しています。つまり、10月28日は日本各地へ鰹節の造り方が出て行き、だしの文化を広めた日ともいえるのではないでしょうか。そんな理由から、10月28日を「おだしの日」として日本記念日協会へ登録しました。

■イベント内容

●開催場所

店舗名:関西おだし専門店 だし藏 せんちゅうパル店

所在地:大阪府豊中市新千里東町1-3-5 せんちゅうパルB1F

TEL  :06-6831-0190

●開催日時

2018年10月28日(日)13:00~

●内容

(1)有馬温泉御所坊総料理長 河上和成氏のだし藏新商品を使った料理実演と試食会

HP: http://goshoboh.com/

(2)大阪のうどん編集長と煮出し師との「だし談義」

(3)新商品発表会

◆うどんのおだし(だしパックタイプ)

たった4分煮出すだけで本格的なうどんだしが作れる、ありそうでなかった「だしパックタイプ」の新商品。しかも化学調味料 保存料無添加です。

◆DASHI CUP(ティーバッグタイプ)

お茶や珈琲を飲むようにおだしを楽しんでもらいたいという想いから、開発したティーバッグタイプのおだし。基本のおだし味に加え、ゆず・しょうが・うめ風味とバリエーションに富み、トッピングに あられ・乾燥ゆず・お麩を浮かべるなど目にも楽しく、しかも化学調味料・保存料無添加の商品です。

◆赤ちゃんのための「はじめてのおだし」

料理家 稲垣 飛鳥さんとコラボし、ティーバッグタイプの離乳食用おだし。手軽に、そして今までにない「たい」「あじ」「いわし」「とり」などを含む全7種類からなる商品は、すべて国産で素材そのものを使用。食育のために開発した、離乳食をより楽しくしてくれる商品です。

(4)MYおだし(自分にあったオリジナルだし)作り体験

関西おだし専門店だし藏の特徴の一つ、煮出し場。そこでは自分好みのMYおだしを、だしのプロである煮出し師の調合のもと、試飲を楽しみながら作れます。

■会社概要

商号 :株式会社 太鼓亭

代表者:代表取締役社長 水上 泰輔

所在地:大阪府箕面市船場東2-7-50

▽会社ホームページアドレス

http://taikotei.co.jp/

▽「関西おだし専門店 だし蔵」ブランド通販サイト

http://www.kansai-odashi.com/





コメントを残す