データ改ざん問題 3病院に「免震」 県が抗議文送付 /鳥取 – 毎日新聞



 油圧機器メーカーKYBと子会社カヤバシステムマシナリーが検査データを改ざんしていた問題で、県内では三つの総合病院で改ざんを疑われる免震装置が使われていたことが分かった。平井伸治知事は17日、2社に対して早急な調査の実施や部品の交換などを求める抗議文を送った。

 3施設は県立中央病院(鳥取市)と鳥取赤十字病院(同)、西伯…



この記事は有料記事です。

残り241文字(全文401文字)




コメントを残す