住宅修繕支援、1世帯の意向未確認 県が報告 /鳥取 – 毎日新聞



 2016年度の県中部地震で被災した住宅の修繕費の支援制度申請について意向を示していない世帯は16日時点で、1世帯にとどまることが、県庁であった復興本部チーム全体会議で報告された。

 1市4町の実態調査で対象になったのは、罹災(りさい)証明書を取得したなどの被災世帯(1万3516世帯)のうち、再建支援制度…



この記事は有料記事です。

残り229文字(全文381文字)




コメントを残す