余った食材、必要な人へ 県生協・米子で回収21、27日 困窮者や福祉団体へ寄付 /鳥取 – 毎日新聞



 県生活協同組合(本部・鳥取市)は今月、家で余っている食材や、保存期限が間近に迫った災害用備蓄食料などを回収する活動「フードドライブ」を米子市内で実施する。集めた食べ物は福祉団体やこども食堂などを通じ、必要とする市民らに提供される。

 活動は「食品ロス」が問題化した40年以上前に米国で始まり、日本には20年近く前から各地に浸透。NPOなどの団体が、経済的に困窮している高齢者や一人親家庭、地域の福祉団体など…



この記事は有料記事です。

残り306文字(全文509文字)




コメントを残す