アプリ通じ初対面、手を握り…デート商法、容疑者ら逮捕 – 朝日新聞



 恋愛感情を抱かせて商品を売りつける「デート商法」で女性らに宝飾品を買わせたとして、警視庁は、宝飾品販売会社「Grand Line」(東京都板橋区)社長の森田宏行(34)=同区中丸町=や元従業員の川端俊吾(34)=同区南町=両容疑者ら男女4人を特定商取引法違反の疑いで逮捕し、9日発表した。森田、川端両容疑者ら3人は容疑を否認、1人は認めているという。

 生活経済課によると、逮捕容疑は1~5月、宝飾品販売の目的を告げずに、マッチングアプリで知り合った女性3人を東京都豊島区内のマンション一室で営業する店に連れて行き、「半額にする」などと言ってネックレスを計約120万円で販売した疑いがある。同課は店が昨年6月~今年7月、同様の手口で女性約200人に、約9千万円を売り上げていたとみている。

「可愛い、職場仲間に紹介したい」

 介護職員の女性(31)は昨年…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら





コメントを残す