米子城跡、歴史香るカフェに 若手市職員らが企画、あす初開催 独自ブレンドコーヒー無料提供 /鳥取 – 毎日新聞



コーヒーを試飲する遠藤志穂さん(右)ら鳥取県米子市の若手職員=同市内で、横井信洋撮影

 米子市の米子城跡で10日、城をイメージしたオリジナルブレンドのコーヒーを味わえる「しろやま天空カフェ」が初めて開かれる。城跡の魅力を発信するため、若手市職員6人が企画した。市内外でカフェ「ラバール」を展開するコーヒー鑑定士、本池達也さん(46)がブレンド作業に協力し、当日もコーヒーを抽出する。

 市経済戦略課の遠藤志穂さん(32)らは、文化財として学術的な面から城跡に焦点を当てるだけでなく、市民に身近な場所に感じてほしいと考え…



この記事は有料記事です。

残り324文字(全文539文字)




コメントを残す