自慢の絹ごし、鳥取で街おこし 平尾とうふ店代表・平尾隆久氏 – 日本経済新聞



豆腐料理店や豆腐作りの体験施設……。「いつか豆腐を軸にした地域活性化拠点を作りたい」。こんな夢を抱くのが鳥取市の「平尾とうふ店」代表の平尾隆久だ。祖父母の店を継いで7年の若手ながら、6月の豆腐品評会の中四国大会で絹豆腐が金賞を受賞。9月の全国大会では上位入賞を逃したが、「豆腐屋が格好いい仕事と思われるようにしたい」と意気込む。

「周囲の友人に流されるように進路を決めてきた」と振り返る平尾。当初は…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。





コメントを残す