鳥取県内最大級の掘立柱建物跡 倉吉・山ノ下遺跡 – 47NEWS



 鳥取県倉吉市小鴨、上古川にまたがる山ノ下遺跡で、平安時代終わり頃から鎌倉時代(11世紀後半~12世紀)の掘立柱建物跡が見つかった。2棟セットの2組が見つかり、最も大きい建物1棟は東西19.7メートル





コメントを残す