県版HACCP倉吉農高認定へ 授業で製造のソーセージ – 日本海新聞



2018年11月10日

 倉吉農高(倉吉市、田中正士校長)の生徒が、授業などで製造している豚肉とイノシシ肉のウインナーソーセージが、鳥取県内の公立高校では初めてとなる食品衛生管理基準(県版HACCP)に認証されることが9日、分かった。





コメントを残す